ちょんまげと自宅での育毛とは

ちょんまげ(丁髷)とは江戸時代の老人が結う髷となっており、本来のちょんまげは兜をかぶった時に頭部が蒸れるため、前頭部から頭頂部にかけて髪の毛を抜くか剃り、残った髪の毛を結った髪型を指しています。髪の少ない老人が結う小ぶりな髷であり、その形からちょんまげと言われたのですが、現在見られるもので本来のちょんまげに一番近いのは力士が稽古時に結う髪型です。最近では薄毛や抜け毛に悩む人が増えており、なんとかして自宅でケアしたいと考えている人も多いでしょう。自宅でケアする方法といってもいろいろあるのですが、やはり育毛剤を使う方法が一般的です。自宅で育毛剤を使用することにより、成長不足で抜けてしまう髪の毛を減らし、健康的な髪の毛の成長を促すことができるのです。育毛剤を使っても直接髪の毛を増やす効果はないのですが、ヘアサイクルを整える効果や血行を促進する効果、髪の毛に必要となる栄養を整える効果があり、間接的に髪の毛の成長をサポートしてくれます。ちなみに、髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、育毛剤を使ってもすぐに効果が実感できるわけではありません。抜け毛の減少や髪の毛のボリュームアップを期待しているという場合、3ヶ月~6ヶ月程度は使い続けることが大切です。育毛剤を使って1ヶ月や2ヶ月で中止してしまうのはとても勿体無いことです。これから効果が出ることも考えられるのですが、もちろん効果の出方には個人差がありますし、人によっては効果が実感できないこともあります。そこで返金保証のついている商品を選ぶのがおすすめです。返金保証のついている育毛剤なら安心して購入することができますし、購入後の後悔や失敗もありません。