リアップで育毛するとどこまで回復できる?

リアップは第一類医薬品として市販されており、ミノキシジルを配合した育毛および発毛に有効的と言われ、日本でも認可されている育毛剤となっています。リアップが発毛に良いとされるのは、配合されたミノキシジルという成分であり、海外でもAGA治療に有効的とされ、FDAでも認可されています。ミノキシジルには血管を拡張する効果があり、頭皮に塗ることで浸透して毛根周辺の毛細血管を広げて、血液の循環が良くなるため毛根に栄養が送られるようになり、毛根が活性化することで発毛を促します。その効果は国内外で多くの臨床試験を行い、多くの男性からミノキシジルによって髪の毛が回復したと認められています。その成分を配合した育毛剤がリアップとなっているので、発毛による薄毛の回復に十分な期待ができます。AGAでは頭頂部や前頭部の髪の毛が抜け落ちて薄くなっていきますが、リアップによって発毛を促されると新たな髪の毛が生まれて伸びていくようになります。ただし、薄毛の症状に影響され、AGAの治療をおろそかにしていると、抜け毛が激しくなって発毛効果も追いつかなくなります。したがって、リアップの効果を十分に発揮させるためには、AGAの原因となるDHTを何かしらの方法で止める必要があるということです。AGAが原因でない薄毛の場合は、それぞれの症状に合わせた治療が必要となりますが、基本的にはリアップの発毛効果が期待できるので、積極的に使用するといいでしょう。ただし、頭部の毛細血管は頭頂部には全体的に広がっていますが、前頭部では血管が少ないことから、前髪の生え際などはあまり効果が見られないこともあります。全く効果がでないわけではありませんが、薄毛の回復にはかなりの時間が必要となるようです。